この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ayudouraku | 2016-10-17 12:51 | 鮎釣り

尺鮎も出そうな勢いだった勝利バーでしたがあの大鮎はどうなったのか? 気になってましたんで定期巡回は欠かさずやってましたが再解禁後は大鮎の姿見えず・・・。

11日午前0時過ぎには網軍団の大捕物で500尾獲ったとか、800尾獲ったとか聞きますから全員逮捕されてしまったのか? 落ちてしまったのか? なんせ目を凝らして川を見てましても大鮎どころか まともな鮎の姿も見えず 川の色もくすんでまんがな。

もう完全に終わったぞ!と川には書いてありますが、オラ的に今年は釣り残した感が強く残っており このままでシーズンが終わるのはストレスかかって遺憾、まったく釣れる気しませんでしたが第2解禁とやらに出動してみました。
f0374713_11212395.jpeg
めっきり寒くなりやんしたわ。
8時過ぎに家を出ると外気温13度で肌寒い、まずはオトリを入手すべくツナギを入れるも「はぁ? オトリぃ? お前まだやるんか? オトリなんぞおるワケかなろう?」とオトリ屋さんが言う、網で出ているハズの人達に聞くも冷凍はおっても活きた鮎はないと言う・・・、最後の砦の某社長にツナグもナマ鮎はないと言う・・・、なんと肝心要のオトリを用意できず・・・。

ヤル気満々で着替えも済んでますからルアーとやらで獲ってみるか? とキラリとリアユで1時間やってみるも釣れるのはゴミばかりで鮎とやらは間違っても掛かりまっせん・・・。
そりゃそうですわなぁ、オラの腕ではフレッシュなオトリでも釣れる状況ではないのにルアーなんかじゃとても無理!
時にしてAM9:50「やっとられん! やぁ~めた! 今日はアオリにでも遊んでもらう!」と車まで戻り朝昼兼用食のパンをかじってましたら、単協の大先輩が颯爽と軽トラで登場し「お前こんな時間に川でナニやっとんじゃ?」と言う。

訳を話しましたら「下流で知り合いが網打ちしとるから2~3尾もらってやる。」と心強いお言葉、一緒に下流へ行くと見た事あるお父さんがテンカラ網を打っておる。
「お〜い、鮎2〜3尾おらんか?」と大先輩が言うもシメて獲っており友パックの中には活きた鮎はゼロ…。
「おい、こいつに友釣りのオトリを獲ってやってくれまん。」と大先輩が言うと「チョット待っとれ。」と二つ返事、待つ事20分ほどで無料でオトリ5尾確保。
f0374713_11394773.jpeg
元気な雄オトリを獲ってくれたお父さん、まっこと有難うございました。
かなりのオトリでしたが自力で泳ぐだけルアーよりマシ?どこからともなく釣れる気がみなぎり? AM11:12友釣りスタート!
学習済みの瀬肩に行くとらしいハミアトがあり、オトリを入れバリバリバリィ~と掛かる・・・
、予定でしたが一瀬釣り下がるも1尾も掛からんがな・・・、下流のトロ瀬へ移動するも1尾も掛からんがな・・・。

マズった・・・、2尾の雄オトリは真っ黒になりましたんで「お勤めご苦労」とリリース・・・。
やっぱ第2解禁なんて釣れへんやんけ・・・、新幹線より下流以外で友釣りしとる者なんぞ居らん理由が判った・・・。

PM13:09 虚しさを覚えながらオトリ缶に3尾入れ、川を見ながら車で移動するとオラの鮎レーダーが反応。
良さげな色しとるやんけ! やってみっか? とスイッチを入れ直し第2ラウンド開始!
オトリを入れると秒殺でんがな!
f0374713_11230609.jpeg
まだ若い20cmほどのオナゴでおました。
実に久しぶり・・・、19日ブリの鮎ちゃんでんがな!
下流部で鮎塊になった鮎を掛けるのではなく、この場所を選択し思い通りに追わせて掛かったのが嬉しいやんけ!
黒くなった雄オトリをリリース、雌オトリを入れると次も秒殺でしたがコヤツは色付きのオスでリリース。

f0374713_11222381.jpeg
虚しさを感じる色
f0374713_11215264.jpeg
ピチピチでんがな!
雄はリリースしながらやってますから舟の鮎は増えませんが、普通に釣れるペースで20尾ほど掛かりました、しかし第2解禁だけあって釣れる範囲は狭く釣りきったらお終い?
ほんま、竿一本ズレるだけでピリッともしませんのでより慎重な川見をせんと遺憾?この辺も感で釣るタイプのオラには良い勉強ですわな?
f0374713_11224912.jpeg
キャッチ&リリースもある友釣りは初めてですわ。

f0374713_11223612.jpeg
時にしてPM15:09、まだやれる時間なんで車でP移動、釣り人なんぞおりませんから入り放題でんがな。
次の場所も先ほど釣れた場所と同じような水深、流れ、川幅のPで掛かりまんがな、10月の釣りはこういう処をやらんと遺憾のですなぁ、良い勉強になりました。

f0374713_11213702.jpeg
更に一つシモの瀬に移動してみましたが、この瀬には鮎は入っていなくアカンなぁ?と思った時に視線を感じ振り返ると道楽Kが来てまんがな。
オラの車を発見したようで「おっ、舟持っとるいう事は釣れたんか?」と聞きますから「釣れた釣れんで言えば釣れましたぞ!もし週末入るんならオトリを活かしますが?」と言うと「活かしとかんなんまい!」と言う。

そんなこんなで、オラ的に今日は満足の釣行でしたので納竿のつもりでしたが、まだやりたいという道楽Kにお付き合いするのと、川見の検証もしたいので納竿は15日になりそうです。
大体のパターンと傾向は掴みましたので今日より釣れそう!と思ってましたら う~@さんからツナギが入り「あんさん休みなら早めに富山湾で合流しましょう!」と言う。

鮎で疲れた身体をリフレッシュすべく富山湾へ行きましたが北東の風ではオラには荷が重くアオリはボーズでおました。



[PR]
by ayudouraku | 2016-10-16 20:09 | 鮎釣り | Comments(1)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ayudouraku | 2016-10-03 12:50 | 鮎釣り