お客様サービスの鮎情報に・・・、ブログというのも どうなんでしょう? と過去には断念した事もありますが、時代も変わっておるかも知れんと

今回はテスト的にナンしてみました?ので続かない可能性ありんす。

鮎三昧中のTOMOさんが九頭竜から神通へ来る日に合わせ、オラも休みをナンしておりましたが生憎の天気で神通ではルンバが流れておるが勝利バーはプチ増水で濁りもなく竿出し可能なんで予定を変更し勝利バーで竿出しでんがな!

平日で人も少なくやり放題か? と思うも皆さん考えは同じなんでしょうか? 妙に人が多い現場でおました。
先週TOMOさんがエエ感じだったというPに入り、「おまえ瀬か?トロか?どっちやるんじゃ?」と聞かれ「瀬からやらせてもらいますわ」と瀬に入る。

TOMOさんから養殖君と天然君を1尾づつもらい養殖君からスタートし、スッと流れに入り1mほど上流へ泳いだところで目印が飛び勝利バーサイズをキャッチ。
次は手前から流芯を横切り対岸ヘチを上がったところで掛かる、反応エエやんけ!連打か?と思うも そうは問屋が卸しませんわな…。

この後は鮎の気配はあるものの思うように釣れず苦節タイムに突入ですわ・・・、TOMOさんから「対岸の木から上は釣れんぞ!」と聞いてはいましたが我慢も限界にきて木から上のチャラいPへ行きプチ連打したものの14尾獲って午前の部は終了。

Bタイム&昼食タイムでは巡回中の道楽Iに発見されたようで差し入れを持って来てくれまんがな、「枝豆&餃子」を頂きまっこと有難うございました。

オラに釣れる鮎が居らん事は分かってましたが、万が一 好転しとるかも知れんと午後も同じPからやるもサッパリ。

なら、今日もフェルトを減らすか? オトリを入れながら下流へ移動すると連発はしないもののポツポツと掛かる。
調子に乗ってかなり下流まで足を延ばすと、場所なんか?時間なんか?よく分かりませんが連打モードに入る。

筋も見え、ペースも上がり、軽~く汁が出つつ、狙った波でギュ~ンと掛かり・・・

絵に描いたように抜き・・・

安定した軌道でオトリと掛かり鮎が飛んで来て・・・

タモを出しキャッチの体制に入り もう2mというところで・・・

バキッ!と骨折音・・・

スローモーションのように目の前を龍切竿が降ってきて、ポチャンと落ちてから早送りのように下流へ流れる・・・

はぁ?と思う間もなく反射的にダッシュ・・・

拾いあげるとグイグイ引く・・・

ラインテンションかけながら元竿部分を草に置き・・・

折れた竿では手尻が長すぎて抜けんのでラインを掴むと一瞬でキンク・・・

クッ・・・、と思いながら手繰って獲物に手が届きそうなところで針ハズレ・・・

よく見るとダラな獲物が状況判断できずにウロウロしており手掴みでキャッチ・・・

ほんの20cmほどの獲物でおました・・・

どこで折れたんじゃ? と竿を見ると6番の下から34.3cm地点…

f0374713_14101579.jpg
後でつぶれた画像ですが、折れた時は刃物で切ったようにスパッと折れてました。

はぁ? 何がどうしたの? キャッチ寸前になぜ折れる? しかも6番ってナニ?
う~ん・・・、龍切竿・・・、こなしが悪い鮎道楽グループだけ?事故が多いと耳にするし・・・、TOMOさんがKトウの瀬でキカン鮎をビシバシ抜いても折れんのですから・・・、TOMOさんに「ナニ?竿の使い方?お前 いったい何十年鮎釣りしとんじゃ?」と言われそうですが、一度使い方を習わんと遺憾ですわな?

時にして15:38・・・、車まで距離もあるし・・・、こんなもんタケノコ継ぎじゃ!と20年ぶりほどにタケノコ継ぎにして使ってみましたが、とても使えるもんじゃありませんな…、2尾釣りましたが またやらかしそうな絵が脳裏に浮かびましたので竿を仕舞いました。

車の方まで戻るとTOMOさんが「定時に狂ったように掛かった」と言う。
オラもオロオロせず最初のPにいれば良かったような気もしますが、TOMOさんと2人並んでいては骨折は免れたかもしれませんが思うようには釣れなかったでしょう? 
f0374713_14032947.jpg
情けない本日の釣果

まったく使いこなせないながらも素人のオラがサクッとアップできるブログもありなんかなぁ?

しばらく考えてみますので、間違って目にした方は忘れて下さい?






[PR]
# by ayudouraku | 2016-09-10 21:11 | 鮎釣り | Comments(0)